2010年12月09日

車 仮面コダイラー、免震!

ダンストー!!

太陽
めっさ晴れた枯れ葉秋の一日、小平市にあるブリヂストンの企業博物館、
「ブリヂストンTODAY」に行った。

ガキンチョ時代に夢中になり、今でもシリーズの人気が絶えない自転車仮面ライダー。乗っているバイクのタイヤがBSかどうかは知らないけど。
オトナになり、スキーが流行った頃はスタッドレスにもお世話になりました。

そんなタイヤでトー有名なBSのチェッカーフラグ(モータースポーツ)F1タイヤも作っている、いや作っていた‥
(悲=カナ!)
その技術センターに隣接し、無料で公開されています。
電車 西武線の小川駅を降りて東へ向かうと、企業城下町といった印象。

でも、ゴムの匂いがしない・・鼻
勝手な想像で、むっかし訪れたコトのある京成線沿い立石近辺で感じた、町工場のセキユ臭さみたいな、周囲がゴムゴムな空気に包まれているのかと思ってたけど、今の時代そんなコトはないんだね。



入り口手前には太陽きらきらの花花。ツイタ情報によると、受付の方が日々、カマキリ遭遇と闘いながら
(カマ!)
水を撒いたり手入れをしているらしい。
駐車場の路面は廃タイヤをリサイクルしたモノを敷いてあり、歩き心地がゴムゴムしてる。

電車
実のとこ行ったのは先月で、展示内容はガラッと変わっているらしい。現在は14年間のF1活動の軌跡を紹介しているそうで、むしろコッチに行きたかったナ。



太陽 太陽光が燦々と降り注ぐ1階

受付にて入場時間を書き、記名します。
創業者・石橋さんの写真にコンチワキャラクター(挙手)
ブリヂストンの歴史を紹介するパネルだけでも、タイヤ好きには楽しい。

(なんだ?タイヤ好きって)
(たい焼きは好きだ)
(ダイヤに興味はない)




レース用では、F1のドライやウェット各種、しぃまっはのパネルやサイン、Moto GP。戦った後のベッタべタのタイヤもある。

一般向けの乗用車はもちろん、トラック用のデカイのや、もっとデッカイ航空機用も。
タイヤタイヤタイ屋!


 タイヤの構造や原料となるゴムの木から色んな材料を用いて、どのようにしてタイヤになるのかなどを立体モデルやパネルで紹介。
材質によって出来上がる製品の弾力や固さ、性質の違いが小中学生でもわかるような仕掛けもいっぱい。エコや環境関連も含め、学校の社会科見学にも利用されてるとか。





でもでも、タイヤだけではないのですヨ、身の回りのゴムゴムだけでなく、

びっくり
圧巻なのは、この建物そのものを支える基礎に使われている免震ゴム。
地下フロアからガラス越しではあるけど、ふんばる力こぶ免震ゴムを見られる。硬度・弾力・耐久、どれも高度に要求される性質に身をもって頑張ってます。力こぶ力こぶ



イルカ
傷ついたイルカくんに作ってあげた人工尾ひれ



午後4時が閉館時間で、最終入場は30分前になっているけども・・

ビデオライブラリーでのCMなどを全部見るとしたら1時間、パネルの写真や文章も味わうなら、もっと時間が要るナ。


車ダッシュ
F1展示、行こっと!


・・ちなみに
「ケーキだ」りんごと桃のケーキは、こン時の帰りです。
季節モノだろうから、今は何かな?顔1(うれしいカオ)
posted by Newdau at 15:01 | Comment(2) | クルマ座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ星2


ゴムって凄い!

子どもの頃、タイヤのゴムを作ってる小さい工場が近所にあって、独特のにおいがしました。
独特のにおいがした記憶を勝手に作ってるのかもしれないけど。。

学校の社会見学に行くような場所って楽しいんですよね。
小学校の時に車のメーカーの工場を見学したのは楽しかったな。
Posted by おわれい♪ at 2010年12月13日 21:31
くもり右矢印1おわれい♪星2さん

小学か中学だったか、車クルマの工場を見学したコトは覚えているが、
内容はあまり覚えていない・・モヤイ像
(遠い目)
Posted by Newdau at 2010年12月14日 19:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。