2011年12月31日

みっしょん:


<前略>
BGMは、M:Iでシクヨロexclamation


どんっ(衝撃)「すぐにヘリを飛ばしてくれ、オンナが逃げた!」
電話を切り、ヤツから預かった財布を開けると、ゴールドカードや様々なアイテムやメモ類が・・

シティホテルの一室、3階の窓から下の道路をそっと覗く、怪しい人影はまだないようだ。
部屋を出ようとすると、ノムさんが入ってきた。そうだ、ちょうど待ち合わせていた時間だ、しかし事態が急変したコトを告げ、一緒にヘリポートに向かう。

機体倉庫ではヤツの仲間らしき整備士が、にこやかな顔つきで待っていてくれて、すぐに飛び立てる状態だった。パイロットとノムさんと・・ヤツではないもう1人は誰か分らないが、3人を乗せたヘリは、昼間の都会の空へと飛び立った。サーチ(調べる)

(つか、オンナひとり探すのに、ヘリ飛ばすか?)
(オレ、乗らねぇンだ?)
(注:ノムさん=野球のノムさん)


 都会の喧騒から外れた郊外、幹線道路に位置するクルマの修理屋。

車(セダン)Cセグメントの左ハンドル車が青色吐息でやってきた。見ると、運転席にはヤツが、他の席にはいかにもメリケンデブっちょやマッチョなガイジンの大男達が、その狭いシートに身を委ねていた。見るからに積載オーバーでぶっ飛ばしたせいで、エンジンもオーバーヒート気味、さすがにボディは歪んではいないようだ。
おそらくニホンジンなヤツとは旧知の仲だが、他のデブっちょな欧米人3人は何者なのだろうか?その風体からはとても優秀な諜報員とは思えないし、そもそも肝心の逃げたオンナはどうなったのだろうか。

「まあ、ゆっくりしていってくれ、料理も出来上がる頃だ」と、オレは皆に告げると、ガレージに向かった。レストランキッチンからは湯気が立ち上り、茹で上がったポテトや熱々のスープから美味そうな匂いが漂ってくる、メリケンが喜びそうなグランマの手料理風なメニューだ。
おっと、紹介しておくぜ、オレのカノジョだ、一応な。だから手ぇ出すんじゃねえゾ、メリケン野郎ども!パンチ カノジョは、母方のグランマがメリケンでクォーターの帰国子女で、英語がペラペラで、料理も上手で、既に怪しき諜報員を手懐けている様子だ。

って、オレ、誰?


な、
眠い(睡眠)昨夜見た夢でごじゃっぺサ。

みなさま、善いお年玉を!わーい(嬉しい顔)

posted by Newdau at 03:41 | シドニー ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑苦笑 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年最後の爆笑!ありがとうございますた★

Newdauさんもどうぞよい年を、晴ればれとお迎えいただきますよう
お祈りいたします。
Posted by ちょむ at 2011年12月31日 22:19

くもり右矢印1ちょむすん

ほぼM:Iとマッハ555が混ざった設定だな、こりゃ車飛行機
ありえね〜うっしっし


実のところ初夢は、思いっきり現実の仕事の設定だった顔4(つかれたカオ)
しかも苦労する方向性の内容でして・・

ま、
富士山新年よろしくスマイルフェイス

Posted by Newdau at 2012年01月03日 11:03
あはは!
なんで、ノムさんが出て来るんでしょね
夢って変な夢が多いですよね

雲さんって…

スパイ???
Posted by いそべえ at 2012年01月03日 22:14

くもり右矢印1いそべえ:わん
ふふっ


スパイが、スパイですか訊かれてスパイですと答えるワケにはいかねえな…

アクション(ピストル)


野球ボールノムさん、その前に何かで見たわけでもないンだけど、
設定としては確実にノムさんだったうっしっし

Posted by Newdau at 2012年01月06日 03:47

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。